猫心魚心

SUPフィッシングはじめました!原2に乗ったり、アクアリウムを楽しむシステム屋さんの記録

mac mini2010のメモリを8GBに増設してみた!

      2020/03/16

2017年も半分を過ぎた今になって、やっと我が家のメインマシンであるmac mini2010のメモリを増強することに決めました。

メモリの増設に至った経緯は?

我が家のmac miniはだいぶ前から時代に取り残されていたため、色々なアプリを使えないような状態になっていました。何せOSX10.6でしたからw
もう7年以上前のOSですかね?少なくとも今時点の最新より6世代前のOSになります。

最近Appleから新しいOSX(macOS)が発表されたことに触発され、ここらでOSのバージョンを上げる決意をしました。

その前に、メモリが初期状態では非力すぎるので、メモリ増設をまず行う必要があったのです。

メモリを増設してみる

mac mini2010は自分でメモリを増設することができる機種ですが、中にはできないものもありますので、事前にAppleのサイトで確認しておきましょう。

作業自体はそれほど難しいものではありません。

まず、各ケーブルを外したmac mini本体を裏返し、裏蓋を外します。ちょっと左に回転させると外れます。

mac miniの裏蓋

中はこんな感じです。7年越しの開腹でしたので思った以上に埃が入り込んでいました。

裏蓋を開いたところ

今回買ったメモリは下の写真のものです。
バルク品ですがレビューで稼働実績があり、しかも安かったので即決です。8GBで5千円強でした。安いですね〜
今回買ったメモリ

メモリを本体から外すには、この金属のツメを外側にちょっと開いてやるだけです。
「パコッ」とメモリが跳ね起きますので、ゆっくりと引き抜きます。
上下二段式ですので、下側も同じようにして外します。

ツメを外したところ

新旧のメモリ比較です。
黒いチップの数が全然違いますね!
しかも新しい方は台湾製、もともと差さっていたメモリは韓国製です。これだけでも信頼感が大幅アップですwww

新旧のメモリ

メモリを挿すのは、抜くのと逆手順です。
切り欠きの場所を合わせて、ゆっくりと確実に奥まで差し込みます。

奥まで差し込む下側

あとは金属のツメが引っかかるまで、奥側に倒します。
これを上下で2回やるだけです。

奥まで差し込む上側

上下とも差し込むとこんな感じです。

メモリ換装後

あとは裏蓋をしめて、ケーブルを挿して起動しましょう。

結果はどう?

もちろん、無事起動しました!バルク品のメモリでも問題ないですね。

8GBになりました

ちなみに差し替える前は確かに2GBでした。

前は2GBでした

メモリの使用状態もこんな感じで、かなり空き状態になっていますw
メモリ増設前は、FireFoxでネットサーフィン+αをするだけでページアウト(要はメモリ不足)が発生するような状態でしたが、それも改善できているようです。
それにしても、僕の使い方では8GBもいらなかったかも?

増設後のメモリ使用状態

あと、当たり前ですが、起動時間については改善せずでした。
これが増設前で、

増設前の起動時間

これが増設後。

増設後の起動時間

起動時間を早くするには、やはり起動ディスクをSSD化するのか効果的ということでしょうね。そこまで求めてないのでやりませんけど。1分以内で起動するなら問題ナッシングです。

このあとは?

実はこの記事を書いている時点で、OSX10.11 El Capitanにバージョンアップ完了しています。
バージョンアップ自体はまったく問題なかったのですが、これまで使っていたアプリ関係で色々と試行錯誤をしましたので、その内容をシェアできたらと考えています。

OSX10.11 El Capitanでdiablo2をやりたい人や、DVD Shrinkを使いたい人は必見だと思いますよ。
(色々を手を入れた結果、どちらもちゃんと動きましたよ♪)

ではでは。

 - Diablo2, ガジェット