猫心魚心

SUPフィッシングはじめました!原2に乗ったり、アクアリウムを楽しむシステム屋さんの記録

ベタ水槽にヒーターを買った!ちっちゃくて丁度いい!

      2020/04/10

今、我が家の水槽「ニッソー アクリルタンク」には、ベタが1匹住んでいます。

最近、めっきり寒くなりましたので、このベタ水槽にヒーターを設置しなければなりません。
(今年の夏頃にお迎えをしたので、ヒーターは後でいいかと、後回しにしてたのですw)

特に細かく温度設定はする必要無いので、温度固定のヒーターでいいのですが、アクリルタンクは、いわゆる「小型水槽」なので、なるべく水槽内にドカッと置きたくありません。ヒーターって結構存在感があるので。

で、考えた結果、背面濾過の真ん中にある空きスペースに入れようと決めました。

となれば、縦置きができてスリムなもので無いとはいりません。
調べてみると、テトラから良さそうな物が出ていました。「テトラ26℃ミニヒーター」です。

W数が色々あるようですが、アクリルタンクは精々14リットルも無いくらいなので、1番小さい50Wで十分です。

26度固定のサーモスタット付きですので、ベタの飼育でも問題ありません。

この記事を書いている時点で、既に設置済みですので経過の写真はありませんが、こんな感じで設置しました。

ヒーター設置

1番下まで沈めた上で吸盤で固定しているので、ちょっとケーブルをいじったくらいでは浮いてきたりしません。

サイズも測ったかのようにピッタリでした!

一晩様子を見て見ましたが、ベタの泳いでいる側の水温が25度まで上昇し、安定しているので、まあ問題なさそうです。
ヒーターを入れる前は20度でしたので、これで安心して冬を迎えられます。

水温(ベタ側)

ヒーターの設置部分も水温は同じくらい。温度差は無いようです。

水温(ヒーター)

…ちゃんと水が水槽全体に回っていることも、図らずも証明できましたねw ベタは水流に弱いので、水流を激弱設定にしていたので、ちょっと心配だったんですw

デメリットは、インジケーターランプが、一切見えなくなるということですね。
覗き込んでも動作しているかわからないので、温度計が唯一、動作チェックの手掛かりになります。

後、心配があるとすれば、水の減りです。

ヒーターの設置場所が、フィルターとモーターの間なので万が一フィルターが詰まったりした場合、ヒーターの入っている部分の水が、一方的に排出され水位が下がってしまいます。

しばらくは水位チェックが必要そうです。

ではでは。

 - アクアリウム